仕事

スキルアップしたいならナースではたらこで新しい職場を探そう

確認事項や面接対策

婦人

確認すること

国家資格である薬剤師は一般のOLやサラリーマンと比較すると転職しやすい職業です。一般のサラリーマンならば40代にもなると転職先を見つけること自体が難しくなりますが、薬剤師の場合は40代や50代になっても就職先を見つけやすいです。それだけ病院や調剤薬局などの現場では、薬剤師を欲しがっているといえます。しかし転職しやすいからといって安易に職場を変えてしまうと、こんなはずではなかったと後悔する可能性があります。また求めるスキルを確認していなかったために、いきなり難しいポジションにつくといったミスマッチが生じることもあります。だから給料や待遇だけではなく、新しい職場ではどのような役割を求められているかをしっかり確認しておきましょう。

面接対策

薬剤師は転職しやすい職種ではありますが、薬剤師とはいえど転職活動を行うからには面接を避けて通ることはできません。中には面接が苦手という人もいるでしょうが、事前に対策を講じておけば不安に感じることはありません。面接官とは初対面であることがほとんどですが、人は第一印象でほとんどの印象を決めてしまいます。だから面接時は清潔感のある服装で臨みましょう。病院や調剤薬局で働くのであれば、身だしなみがだらしないのはNGです。また患者を相手にすることを考えると香水も控えると良いでしょう。そして面接では必ず志望動機を聞かれるので、あらかじめ回答を用意しておきましょう。また薬剤師になるきっかけについても聞かれることが多いので、自分なりの答えを用意しておくと尚良いです。そして受け答えは大きな声でハキハキとしましょう。